引き続きThierryRabotin(ティエリーラボタン)のご紹介です。

前回の投稿はこちらです⇒http://o-fits.com/blog/2018/10/tr-aw/

 

世界で一番高級靴が作られている街・イタリアのパラビアーゴで作られているThierryRabotin。

妥協の無い最高級の上質な素材を使用し、サケット製法に代表される、

手仕事が欠かせない特別な製法によってふわっと包み込まれる感触が生み出されます。

「魔法の手」と評されるデザイナーThierryRabotinが作り出す流れるようなラインからなる美しい靴たち。

私たちが毎シーズン海外へ買付けに行きセレクトしています。

 

 

「ThierryRabotin」「Couture」「tr1」と3つのラインに分かれているうちの、

今回は「Couture」

今季は中世ヨーロッパのオールドサーカスの世界観からインスピレーションを受けてデザインされています。

 

C539PWK BLACK.STRIPE ¥95000+tax

 

 

 

 

美しいホーンヒール

動物の角をイメージして作られています。

約8cmという高さながらデザインだけではない安定感があるのはさすがのThierryRabotinです。

ホーンヒールの仕上げは全て熟練した職人による手作業で行われています。

 

 

 

 

店頭でお試しいただいていたお客様があんまり素敵だったので撮影にご協力いただきました。

 

 

デニムと合わせてもとても素敵です。

 

 

美しい以外の語彙がもっと欲しいところですが、

本当に美しいライン

 

デザイナーがフリーハンドで描いたラインを大切にし、

流れるような形を再現しているというお話を聞きました。

 

 

50ヵ国へ輸出している現在も取引先一社一社と真摯に向き合い

より良く改善しようと努力し続けている姿勢はThierryRabotinの靴の表情にも表れていると思います。

 

見た目も中身も素敵なThierryRabotin

快適にお履きいただけるよう、私たちがばっちりフィッティング致しますので是非店頭でご覧になって下さい!!

 

他の商品はまた改めてご紹介します。