ヨーロッパの靴を取り扱っている私たちは年に2回、

2月と9月に主にイタリアで仕入れを行っています。

コロナ禍の現在・・直前まで渡航出来るのかどうかという状況でしたが

無事に仕入れを終えたマネージャーよりレポートが届きました!

少し長くなりますが是非読んでいただけたら嬉しいです。

 

<2021年春夏仕入れ旅も終了しました!!>

前回2月のミラノは新型コロナでのイタリア・ロックダウン直前

帰国後すぐイタリアではパンデミックが起こり…
非常にショックを受けました。
(もちろん私たちは無事でしたが!)

特に私達が親密にお付き合いをしているミラノやヴェネチアなどの地域は感染者が非常に多く出ていたので、
私たちの仲間やブランドの皆がどうなってしまうのか非常に心苦しい状況でした。

更に、問題もいくつか思い当たり…
 
▼靴がちゃんと届くのか?
 
▼私たちが今後仕入れることが可能なのか?
 
▼MICAMが開催されるのか?
(MICAMとは? イタリア、ミラノ で年2回開催される国際的な靴の展示会。オートフィッツは年2回必ず参加しています)

▼彼らの工場が稼働するのか?

(心配したら、キリが無いほどすべて)
・・・ですが、なんと!
これらの問題は彼らの持ち前の明るさやタフさで乗り越えた様で

2月にオーダーし、入荷した秋冬の新商品を見ると以前にもましてクオリティが上がっていたり、
靴から見える気合いが半端ない!!

本当にスタッフ一同非常に感動しました。

 

そして。最後に残った大きな問題の一つが

「9月はイタリアに向かうことができるのか?」って事。

悩んでいても仕方がないと考え、
今年の6月にはこの解決に向かって準備をはじめました。

 

▼現地在住者でない私がどうすれば良いのか?

▼飛行機のチケットはコントロール可能か?

▼航空会社の見解や意見

▼ブランド側の状況

▼いくつかの大使館や現地領事館への問い合わせや確認

▼現地在住の仲間の皆との情報交換

あらゆるケースを考え、リサーチにリサーチを重ね、
メールや電話確認もかなりの回数に・・・

 

サンプルを手配して済ますことも考えましたが。
特に当店のすべての靴は内容や履き心地、更にはファッション性などなど。
毎回熟考を重ねに重ねて仕入れているもの。

その分、お客様の履き心地の満足感や安心感、喜ぶ気持ちも大きくなっていると考えています。

安易にあきらめることは中々できませんでした。

 

オーナーと私とでも話し合いを重ね、
帰国後の状況も考慮し、私が一人で向かうことに。

親交の深いブランドThierryRabotinからもサポートを受けビジネスでの証明も準備し、
ギリギリまで状況が見えない中、出発前にやっと自信が掴めました。
(前日まで眠れない日が続きましたが)

 

そしてやっと渡航
 
ゴーストタウンのような羽田空港。
マスク必須の機内。
 
すべてがイレギュラーだらけでしたが・・・
 
フランスで入国、1泊して、翌朝イタリアに入国できた時は非常に安心感に包まれ
イタリアというホームにまた帰ってこれた感覚でした。
 

MICAM自体はもちろんいつもよりも参加ブランドも減り、来場者も少なくなっていましたが、
その分、皆と濃密な時間を過ごし、ブランドの方々の強い熱意を感じました。

 

 

帰国したら空港で検査をし、その後私は政府の取り決めによって自宅隔離になります。
(皆様にご迷惑をかけないためにも!)

 

まだまだ新型コロナの猛威は終息が見えませんが、
私達オートフィッツ吉祥寺は前向きに今の新しい状況を考えることができたと考えます。
 
(刻々とまたヨーロッパや世界も変化しているみたいですが…)

 

 

そして。
 
私がイタリアで新しい靴を探すために。
この渡航を一緒に考え、応援してくれたオーナーや、店の仲間には心から感謝しています!!
 
もうスタートしている秋冬商品も、まだ少し先の来春夏も。
 
決して手を抜かず、提案をし続けているオートフィッツ吉祥寺にどうぞ良い靴を探しにご来店ください!!
 
 
心からご予約、ご来店お待ちしております。