毎シーズン私たちが海外で直接仕入れを行っているブランドのひとつ「Maretto」

 

 

Marettoの工場は北イタリアのPadovaにあります。

大きな工場ではありませんが

できる限り自分たちの目の届く範囲の規模で稼働しています。

手仕事の量が多いことが自慢のアットホームな、でもプライドが詰まった工場でもあり、

そんな雰囲気が靴の表情にも表れています。

以前工場へお邪魔した際のBLOGも是非ご覧下さい。

https://o-fits.com/blog/category/buying/

 

 

9001 CALF.BLUE / CALF.WHITE.FOREST ¥44000+tax

 

 

革はイタリアの伝統あるタンナー(革の卸業者)である

STEFANIA社の上質なカーフを使用しています。

質の良い革が手に入りにくくなっている現在、

どんなタンナーから革を仕入れているかで靴の良し悪しが変わってしまうこともあります。

 

 

 

春夏らしい爽やかなネイビーとホワイトとグリーンのコンビネーションも素敵です。

 

 

 

 

 

8926 CALF.ORANGE ¥43000+tax

 

鮮やかで暖かみのあるオレンジが目を引くレースアップシューズ

 

先程とご紹介したモデルと同様に、

イタリアで「ルンゴ」と呼ばれているロングカウンターを採用しています。

カウンターとは靴のかかと芯のことです。

通常よりも長く、土踏まず部分まで支えが入り、

後足部、かかと周りが細い足にもぴったりフィットするように絞って作られています。

 

 

 

ロングカウンターを入れて木型にしっかり密着させるのに最低でも24時間は時間がかかるなど、

オートメーション化せず、細かい手仕事の積み重ねでMarettoの靴が出来上がります。

 

 

現在ヨーロッパのトレンドは全体的にカジュアル傾向にあります。

Marettoの靴はそれとは違う方向性かもしれませんが、

そんな中でも流行に流されすぎない、

クラシックで上質な靴を私たちも販売していきたいと思っています。

 

他にもMarettoの素敵な商品が入荷しています。

またの機会にご紹介致します。