いよいよ1週間を切りました!

thierry rabotin × ORTHOFITS 期間限定ショップ@松屋銀座

10月30日(水)より11月5日(火)まで開催します。

詳しくは前回のBLOGをご覧下さい。

https://o-fits.com/blog/2019/10/tr-of/

 

その中でも少し触れたこちらのチェアー

 

50年代にデザインされ、現在も販売されている、アメリカ Knoll(ノール)社の製品です。

当店が購入したものはおそらく70年代に製作されたそうです。

期間限定ショップとは言え、特別な空間を作りたいと考えている中で出会いました。

 

 

家具好きな方ならご存じの方も多いと思いますが、

Knoll社は界的に知られた20世紀モダンデザインを体現する家具メーカーです。

「Knoll社の歴史はそのまま近代デザイン運動の歴史でもある」

と言われるほどデザインに精通しそれを追求、体現してきた歴史があります。

決して妥協せず、研究を重ね作り上げられたプロダクトは、

美と心地良さを備えた「使われる芸術品」と評され

あらゆるシーンにおいてモダンファニチャーの世界を広めています。

 

 

決して妥協せず研究を重ね

美と心地よさを備えた「使われる芸術品」・・・

thierry rabotinにも通じる所があり、靴の雰囲気にもとても合います。

 

 

タイミング良く出会ったこのチェアー

以前にマネージャーがローマやニューヨークのthierry rabotinのショップで

雰囲気が似ているチェアーを見かけたとのことで、

更にタイミング良くたまたま来日していた、

thierry rabotinのジェネラルマーネージャー Karl氏に確認したところ

「impreeesd!!」とお返事が。

thierry rabotinのショップで使われているものもKnoll社製!

素敵な偶然が重なりました。

 

 

華奢なデザインに見えて、安定感が良く座り心地が良い

というのもthierry rabotinに通じているでしょうか。

このチェアーに座って靴選びを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

期間限定ショップの後は吉祥寺の店舗にございますので、

是非座りに?いらして下さい。

 

1枚目の画像で着用しているものは期間限定ショップへ向けた特別商品です。

吉祥寺の店舗ではご紹介していない商品もございますのでどうぞお楽しみに。