引き続きthierry rabotin(ティエリーラボタン)のご紹介です。

やめられないからまた欲しい!とご要望いただくことが多いthierry rabotinのウールが使われたブーツ

ウールの感触が良いのはもちろんですが、

上質なウールは暖かさを保ちながら蒸れることがなく、快適にお履きいただくことが出来ます。

 

3550LR GREY.NAVY.WOOL ¥67000+tax

 

 

中敷きのつま先までしっかりとウールが入っています。

この質の良さは本当に格別です。

 

 

 

カモシュと呼ばれる上質なスエード素材と圧縮ウールのコンビネーション

色味の異なるグレーとブルーの色合わせも素敵です。

 

 

 

グリップの良さ + 厚みがあり感触の良いソールを採用しています。

適度なヒールはありながらリラックスしてお履きいただけます。

 

 

 

もう1型、ムートンが使われたショートブーツです。

3549LR C.BLACK.WOOL ¥59000+tax

 

 

中敷き表面のみレザーですが、

上質なムートンに包み込まれる感触はthierry rabotinならではのものです。

 

350LR、3549LR共に「サケット製法」で作られています。

通常の靴は中底を入れて作るのに対し、底を前後に分け、

中底を使わずにつま先部分を袋状にしています。

上質な素材でラッピングされるようなその感触を作り出すには
 
手仕事が欠かせないため作業工程が多く、大変に手間がかかるのですが

足を柔らかく包み込み、屈曲が良く足に吸い付くような履き心地を実現します。
 

 

 

ヒールの高さ、靴底の厚みも適度にあり、気張らずにお履きいただきながら、

やはり他とは違う、thierry rabotinのデザインが際立ちます。

 

センターファスナーは脱ぎ履きも便利ですがアクセサリーのように

デザインのアクセントになっています。

 

画像だけでは分かりづらいのですが、

履き口から足首にかけて足にフィットするラインになっています。

その部分がゆったり作られているものと、フィットしているものとではシルエットが全く異なります。

棚に飾られていてももちろん素敵ですが、

履いていただいた時に、一番良さが出るので、

良い意味で印象が変わった!と喜んでいただけると

販売している私は、心の中では更ににやにやしています。

 

パンツスタイルでもスカートでも相性が良いと思います。

 

これから一段と肌寒くなる季節に、

足元を素敵に過ごしていただけたら嬉しいです。

是非店頭でお試しになって下さい。